虫歯治療とプラークの関係は?

この前、年単位で痛かった歯の虫歯治療を受けてきました。
本当はもう少し粘ろうと(オイオイ)思っていたんですが、さすがに夜も眠れないくらいの痛みになってきたので、先週重い腰を上げ歯医者にいってきました。
そもそもなんで歯は失われるようになるのでしょうか?
一般的な話では、人間が歯を失う原因は「虫歯」と「歯周病」が原因になっていると聞きます。
ちなみにこの虫歯と歯周病の原因は突き詰めていけば「プラーク」、つまり歯垢が原因になっているそうです。
プラークは細菌の塊のようなもので、口の中のネバネバやぬるぬるの原因になる細菌のようです。
歯垢プラークの1/1000の中には1億以上の細菌がいるので、もし歯を磨かずに放っておいてしまうと…想像するだけでも気持ち悪いくらいの細菌繁殖は簡単に想像できますよね。
なのでもし虫歯治療や歯医者そのものに行きたくない場合には、口の中を清潔にして虫歯にならないよう・歯周病にならないよう、丁寧な口腔ケアが大切になることがわかりました。
歯は一生ものですもんね、大事にします!
とりあえず今ちょっと痛い虫歯治療、早めの予約で治療してきちゃいます。