綱島駅の美容院で

実際にやってみればどうということはないのだけれど、やっぱりイメージチェンジというのには、いざ行動を起こすまでの勇気が必要になる。
今のままでも別に支障はない、むしろ今の雰囲気で別に不利益を被っているわけでもないという場合は尚更であって、あえて自分自身を造り変えなくてもよいのではないかと思うこともあるが、それでもずっと同じままだと。徐々にマンネリ感が強くなっていく。
そのため、自分自身に何らかの変化をもたらそうと、ファッションセンスを磨いたり、髪型を変えてみたりするわけである。
私も、その流れに乗っかるべく、綱島駅近くの美容院に足を運んだ。
いつもなら鏡の前に置かれるファッション雑誌など目も通さず、スマートフォンでメルカリやヤフオクを観るのに夢中な私だが、今回はその雑誌を手に取り、「こんな感じにしてください」と言ってみた。
結果的にそれと同じになったかどうかと言われれば、まあそもそも元の素材が違うのでまったく同じにはならないにせよ、個人的にはまあまあ満足のいく出来であった。
会社に行くのが楽しみになったのは初めてかもしれない。